自動車関連

最近の開発の一例

製造ロットトレース+完成品管理

自動車部品製造業
市販部品と加工部品の受入れ時にEIAJコード内容を収集することで購入品のロットトレースを行う。この情報は製造オーダーと関連付けされ、製品現品票を印刷しその情報を管理。この情報を元にトレーサビリティ管理機能を提供。受入ではハンディターミナルを用いて処理を効率化しています。

受注情報管理

自動車部品製造業
国内全社の自動車・バイクメーカーおよび部品メーカーからの受注内示受注確定情報を管理。
以前は汎用コンピュータで運用されていたシステムから移行。一部機能はブラウザ画面で登録問い合わせを行っています。

特殊機械部品仕入製造販売管理

特殊機械製造業
部品在庫量と発注点を管理することで、発注とその納期を管理。完成品の販売管理。ピッキング処理にハンディターミナルを利用しています。

出荷管理

補用部品出荷管理
車両用エンジン部品出荷管理をハンディターミナルを用いて出荷予定データに基づき管理します。

部品出荷間違い防止

車両部品製造会社
部品出荷時の間違いを防ぐために、荷揃え、積みこみチェックをハンディターミナルにて行います。

部品ピッキング

車両部品製造業
無線LAN環境と無線LAN環境のない環境の双方で、200点ほどの部品ピッキングを行うためのハンディターミナルのユーザーインターフェイスに優れたシステム。